+がちゃがちゃエントリー


埋もれた過去記事をランダム表示!
がちゃがちゃエントリー設置方法(at JUGEM)はこちら
 ★がっちゃマン40号★
+Flicker 2nd
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from marsmoon underwater. Make your own badge here.

+Flicker
www.flickr.com

+RECOMMEND
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄病患者の鎮静剤。車で通り過ぎるだけじゃわからない沖縄を覗き見する感覚に、人がそこに生き暮らしているという気配を感じられる一冊。
+RECOMMEND
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS (JUGEMレビュー »)
よなは徹
3月の渋谷Liveの時から、このLiveでやってるようなのをCDで出してくんないかなぁ〜とひそかに待ち望んでいたら、いつの間にか出ていたにょ。うほほ〜い。
+RECOMMEND
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々)
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々) (JUGEMレビュー »)

NHK教育TVの趣味悠々に三線入門が登場!放送開始は、12月2日(水)です。安波節、祝い節、遊びしょんかねー、恋ぬ花、浦波節、染みなし節の入ったCDと譜面も付いてるよ!
+RECOMMEND
沖縄へこみ旅
沖縄へこみ旅 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄を愛してやまない旅ライターのカベルナリア吉田の最新沖縄旅本。
沖縄で出会った、あんなトホホやこんなトホホ満載の本。沖縄好きなあなたなら、さらに沖縄への愛が深まっちゃう本なのだ。トホホとの出会いの本なのにね。
 ふふ、愛だよ愛。
+RECOMMEND
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産)
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産) (JUGEMレビュー »)
セニョール・ココナッツ
セニョ〜ル、セニョリ〜タ、オド〜ル、ワラ〜ウ、タノシ〜ム、アイ・アーム・CoCo!!今年の夏は、セニョール・ココナッツでアッハ〜ン、ウッフ〜ン♪
南米、チリを拠点に活動するエレクトリック・ラテン・バンド“セニョール・ココナッツ”(アトム・ハート他)。
今度の新作は、YMO名曲を抱腹絶倒超絶ハッピーにラテン・カバー!!なんと、YMOの3人も参加だぞ!
+RECOMMEND
皆既日食ハンターズガイド
皆既日食ハンターズガイド (JUGEMレビュー »)
eclipseguide.net
SUTDIO VOICE別冊。
私はまだ体験したことが無い皆既日食!単に天文的なガイドではなく、「ハンターズガイド」とあるように観測するだけが日食じゃないだろうって、いろんな形で触れてみたい人に送る日食〈カルチャー/サイエンス&トラベル〉ガイドブックちうこった!宇宙飛行士の毛利さんの初めての日食体験談がステキだ。「見る」んじゃなくて「感じて」欲しい。
+PROFILE
+MOBILE
qrcode
+OTHERS

楽天で探す
楽天市場

ランキングナビ

ブログのレンタルサービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
世界最古!?!?
大人の科学 Vol.17 金曜までの30度越えの暑さはなんだったんだという週末です。最高気温は20度もいかない寒い雨の一日。気温差10度以上は体もびっくりですが、まぁ、長袖や暖かい服装をすればなんとかなるので涼しい→暑いという場合よりは過ごしやすいのが救い。週末はお出かけを考えていたんだけど、こんな薄ら寒い雨の日ってことですっかりお家におこもりしちゃいます(笑)

 さて、画像にもありますように『大人の科学 Vol.17』は、世界最古の電子楽器と誉れの高いテルミンでございます。最近、チェック怠っていたんだけどまるばちゃん情報で、無事ゲットできたわけでありがとん拍手

 さっそく組み立てて電池をセットして、スイッチON!
 まずは、"チューニング"っつうのをやるわけなんですが、ここがまず第一の難関。最初、音がすんごい小さくてなんじゃ?なんじゃと思っていたら二つあるボリュームの調整ができていなかっただけで。それをあわせたらいきなりでっかい音が出てびっくりした!!
 音色的には、サイレンのような身もふたも無いブザーかよってな電子音なわけで。アハハハ。いわゆる三線やギターの調弦とか、そういう次元とはちょっと違うわけでなんだかいまいちよく分からなかったのだけどごしょごしょいじってるうちになんとか二つあるボリュームの意味が分かってきた。かな?

 チューニングっちうのが終わったら"演奏してみよう!"ってなるわけなんだけど。なかなか音階がつかみずらくて頭がくらくらしちゃったよ。前にマトリョーミンを借りて遊んでみたことがあるんだけど、それよりも何倍も音程がとりづらい〜〜。ブツが小さいからなのかピッチの上がり下がりがものごっつい微妙な距離なわけで。半音とか数ミリって感じ?それを中空でコントロールするわけなのでそりゃ微妙〜ってな感じ。練習してその感覚をだんだんにつかむのがまた楽しいと思うのだけど。アハ。楽器ってある意味科学なわけで、おもしろ〜い!!

 なんとなく、な〜んとなく少しプチ・テルミンちゃんと仲良くなれた気がしたので、いろいろ思いつく曲を演奏してみる。とりあえず「安里屋ゆんた」とか「十九の春」だとか知ってる沖縄民謡を奏でてみたり。アハハハハ。それに飽きたら、今度はサンサーンスの「白鳥」(←テルミンったら、これでしょ!)だとか、ドボルザークの「家路」だとか、いかにもうにょ〜んていう音の上がり下がりだとかヴィブラートが面白そうな曲とか。
 ネタが貧弱ですいません(笑)

 本誌の方には、電子楽器の今、昔なんかも載っていたりしてシンセサイザー弾きだったオイラにはなかなかに面白く。音ってのは波動なわけで、波動ってのは前へ進むわけで、なんだか久しぶりにそんなことを思い出したりする雨の午後なのでした。


◆大人の科学マガジンVol.17 テルミン
大人の科学マガジン編集部
| Music Musik++ | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHILLOUT VILLAGE@SECO BAR
CHILLOUT VILLAGE アシバ祭を堪能してのんびりしていたら、夜10時を過ぎて友人Bから電話。Seco BarでSinnちゃんとかUtsumiさんがやるから遊びに行かないかというお誘い。「いや、オイラ足がアレですから」と、一旦断ったものの車で行けばいいんじゃね?という話にもなり、そういえば箱でUtsumiさん久しく聴いてない〜、っつうか箱自体にじぇんじぇん遊びに行って無いわけで。一瞬考えて、じゃあ行っちゃおうということに。きっとNちゃんも来ている筈なので、石垣でゲットしたブツを携えて車でゴー!


 連休だからか、結構道は空いていてわりと順調に到着。入り口にはChinちゃんが居て、やっほぉ〜とそのままするっと中へ。この足には地下へ降りる階段が一番の難所だった(笑)

 既に内海さんが始まっていて、かなりファンキーなモードで自然と体が動いてしまう。あ〜ん、踊りたいじゃないのよ!!しばらくフロアに立っていたけど、気がつくと足も動かしてしまいそうになるので、仕方なく椅子に座って堪能することに。
 そうこうするうちに愉快な仲間もどんどん登場し始めて、フロアも賑やかに。なんだかとても久しぶりの人にも会ったり。「踊ろうよ!」という友人たちにいちいち足のことを説明するのがもどかしい。「なんで、なっちゃったの?」っつう質問は、恥ずかしくて答えられませ〜ん(笑)
 ってな感じにDANCEな夜だったのら。
 さてさて、メインアクトのNick氏ですがコンピレーションCDをみるとJimpsterだとか、Rei Harakamiだとかが入っていて、ほほぉ〜エレクトロニカ方面強そうって期待していたんだが、DJはどうだったか?
 うーん、「ロンドンのくらぶ?」っつう感じ。うむ、Partyっつうより「くらぶ」って言っちゃう感じで、ラジオっぽいっちゃラジオっぽいよねって友人が言っていたり、そのうち四ツ打ちどんどこなってるし。懐かしい感じもあり、こういうオシャレなバーより真っ暗でフラッシュライトがバシバシ、スモークごおおぉぉ〜って感じの方が合いそうな音で。まぁ、単純に踊る分には楽しい感じでフロアも盛り上がってて良かったけど。面白いかどうかっていうと、激しく??? Utsumiさんの後なのでなおさらそれが際立って感じちゃいますた。(後、音が悪かったね〜。最初変わった時はイタタタタ…ってくらい酷くてびっくりしちゃった)
 いや、フロアはドーンと盛り上がってはいたよ。みんな楽しそうに踊っていたし。オイラもガッツンと踊れたら単純にそれが面白かったのかも〜と思うケド。トホホホ。

 まぁ、でもとにかくオイラは、久しぶりに箱のUtsumiさんの音をドーンと浴びれて至極満足なのでありました。次はNagisaだけどそれまでに足が治るといいなぁ。っていうか、直さないと。


CHILLOUT VILLAGE
2007.9.23(SUN)22:00〜
Djs:
 Nick Luscombe
 David Hikari
 Izuru Utsumi
 Sinn

Live:
 Kay Nakayama
| Music Musik++ | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日は新月ですよっ!
 先週は一週間近く初沖縄の両親とやいまでのんびり地上ライフを満喫。っつうか、観光し捲くりだったわけですが、西表の外周道路を端から端まで走りましたよ。石垣もほぼ一周して、最終日は石垣島トライアスロンと荒れ荒れの天候にぶちあたりましたが、やっぱ旅は楽しいのぉ〜。
 石垣牛、オオタニワタリ、草ソテツ、アダンの新芽、ナーベラー、はんだまなんかもおいしくいただきました。ノコギリガザミは未遂に終わってちと残念。

 さてさて、そんなわけで静かなところから帰ってきたら選挙戦たけなわで街頭演説や、選挙カーが一日中うぎゃうぎゃ言ってて落ち着きませんな。はう。ですが今夜は新月ですがな。

 というわけで、uvAntam.com の新月インターネットライブは今夜開催予定だそうです。
 23時くらいになったら、uvAntam.com のサイトにアクセスするべし。先月は風邪で高熱ダウンで中止になっちゃったから2ヶ月ぶりですね〜。ぬひっ!
| Music Musik++ | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
お寺 de MASARA@茗荷谷・「智香寺」
 に行って来たぞなもし。

やっと聴きに行けた復活MASARA。
お〜ぅ、よく考えたらほぼ一年ぶりやん。それがライブハウスじゃなくってお寺の本堂ですよ。うは♪
まぁ、音響効果的には畳敷きだしそこはかなり割り引かれてしまうわけですが、お客も含めて全員靴下という状況がかなり面白く。
いつもブーツやかっこいい靴で決めている人達ですが、靴下になるとなんともそこには虚勢もかっこつけもはぎとられ素の人間が出てくるような感じで、妙に茶の間的な親近感が沸くオモシロさ。

「裸の付き合い」よりはかなーり敷居は低い「靴下の付き合い」。

側でタブラが炸裂していたので、ドゥイ〜ン、ドゥイ〜ンっつう低音に脳味噌を揺さぶられたり、音に誘われて仏像がこっそり動かないかなと観察してみたり、座布団に座って聴くっつうのもなかなかないわけで。

あー、やっぱり好きだーーーー!!!>MASARA
しまった、来月のMASARAの時ってば八重山に行ってる時やん。
5月2日の噂の『ラサ〜マ(MASARAをひっくり返しただけ :D)@吉祥寺』も東京におらんやん。渡嘉敷島に渡ってる頃か?
あああああ、ラサーマ超超超〜〜〜〜〜〜聴きたいのに。くぅ。
| Music Musik++ | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
弦と弦の振動は、波動関数の夢を見るか?
 サブリエルカフェ@高円寺であった、太田恵資(ヴァイオリン)&高木潤一(ギター)のライブに三茶の友人を誘って行って来た。サブリエルカフェは、高円寺のあづま通り商店街にある小さなカフェ15人も入れば一杯の小さなお店で、地下がギャラリーだったりしてさらに『しかけ絵本』も多数展示販売しているかわいいお店だ。近いからお茶しに行こうと思いつつ、寒さにかまけてついつい出不精。

 このお店を訪れたのは今回で2回目。入り口が無機質なガラスの自動ドアからとっても可愛いステンドグラスのはまった白いドアに変わっていて、かわいさUP。外から中が見えにくいのもイイカンジ。

 去年の暮れにベルリン在住の友人がうちに泊まっていた時に、この店で二人のライブがあると知り、うちから近いし行ってみない?と誘って行ったのが最初。
 前回も今回もそんな早い時期に予約している人はあんまり居ないのか、かぶり付きの特等席。目の前1.5mも無いような位置でヴァイオリンとギターが炸裂してて、耳だけでなく体中の細胞が共鳴して揺さぶられる心地よさ。電気回路を通っていない音をこんな風に浴びれてか〜なり贅沢気分。友人は、「人間の指があんなに早く動くなんて、すご〜い!体中が振動してるよ」とご満悦。誘ってよかった、よかった。

 目の前でヴァイオリンがギューンギューン響いていて、ギターの穴(なんて言うんだ?)は、思いっきりこっち向いてて音が突き刺さるように飛んでくるですよ。あっという間にあっちの世界に意識が連れてかれるっす。たまんないです。ほぅ〜

 さてさて、昨日のライブですがなんだか高木さんのギターが前よりも進化しているような気がした。んんー、たんに久しぶりに(っても3ヶ月ぶり)音を聴いたからってわけでもないでしょう。前回は高木さんがスペイン修行の旅から帰ってきてまだそんなに時間がたっていなくて、MASARAのライブもまだ復活していないそんな時だったから、さもありなん。弦を弾く音にさらにエッジがかかってその乾いたカツーンとした響きが気持ちえかった。

 そんなわけで、しょっぱなから高木さんのギターが炸裂していて1曲目か2曲目が終わって太田さんがぽろりと漏らした一言が「あぁ〜、タブラの人がいないとそんなに自由に行くんですね〜(微笑)」だった。ほほぅ〜、早く復活MASARA見に行きたい!

うろ覚えだけど、確かこんな曲をやった気がする。
Minor Swing、Oblivion、黒い瞳 (休憩) Olimpia、太田のトルコ、Horizon、そして問題の(!?!?)カーニバルの朝(Yellow Orpheus)っすな。ボサノバ調っつうめずらしいバージョン!!

 で、何が問題かってこの曲はラストにやると決まってたらしいのだけど、まず高木さんがなかなか曲に入らず「別れの朝」を弾いてみたり、またなんか別の曲を弾いてみたりして「あ、終わりたく無いのね。好きなだけやって下さい」という太田さんの言葉でやっと本題に入っていくんだけど、これだけためにためて太田さんが入るところで思いっきり違う音。一同爆笑の渦。どうやら狙ったのでは無く本気で間違えたか?(笑)

 そして私も始めて聴いた珍しいボサノバ調で高木さんが仕掛けてきたわけで、太田さんが「おっ、そうきたか」とそこで肩の力がさらに抜けたのか、この後の太田さんの音はチョーーーー気持ちよかった。太田さんが乗れば、高木さんも乗り、それに乗せられてさらに太田さんもかっとんで行くわけで、やー面白かった、楽しかった、気持ちよかった♪
ご馳走様でした。満足、満足♪
 また行きたい。サブリエルカフェ定番になりそうな気配かもよ。うは。

 今週の日曜に『お寺でマサラ』なんちう催しがある模様。行っちゃおうかな。うむ。

3月25日(日)午後 お寺 de MASARA @茗荷谷「智香寺」
 高木潤一/guitar 太田惠資/violin,voice 吉見征樹/tabla
 開場>15:00 開演>15:30 3,000円 [ドリンク付]
 @智香寺(茗荷谷) 
  東京都文京区大塚3-28-12
  東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩7
| Music Musik++ | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
uvAntam.com Intenet Live は、春分の日ということで。
お水取り@東大寺 はっと気がつけば、世間は別れと旅立ちの季節3月下旬。すっかりBlog Petにのっとられたかのような、このBlog。みなさまお元気でしょうか?私はお陰さまでそれなりに楽しく過ごしている候。なんだか、2007年はダイビング、ダイビング、ダイビングな年になるんじゃないかな気配濃厚と水面下で活発に活動中。
 2月は丹後半島に間人(たいざ)ガニを食べに行ったり、3月は初お水取り見学@東大寺に行ったり、友達に誘われて『エンリケリ@お台場Zepp by.堂本剛』をタダで(しかもえらい前で)見ちゃったり、そうそう昨日は「ムットーニ・ナイトツアー@世田谷文学館」なんてものまで見に行ったりしたので、そのうちぽつぽつとアップ(だけど、過去日)なんてされるかもしれません。(もしかしなくても写真はぶれぶれです。三脚禁止地域だったし)


 春分の日と言えば、Equinox。ということで、今回は新月からちとずれた20日の夜中に uvAntam.com のインターネットライブがありまする。というわけで、Equinoxといえばゴアトランスっつうことで『初期ゴアトランス特集』だそうです。ふふふ、余はやっぱりすーぱーじーが御所望であるぞ。
 20日(火)の夜にサイトにアクセス!!
| Music Musik++ | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHILLOUT VILLAGE - DAYTIME NEW YEAR PARTY
 2007年最初の連休ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?なんだか日本全国荒れた天気ですが、東京は晴れるみたいね。
 お正月恒例となっている東京サロンでのCHILLOUT VILLAGEです。去年は、Mixmaster Morris登場で満員御礼で、びっくりするくら人が入っていた東京サロン。今年は、もうちょっとのんびりできるかしら。
 心地のいい音楽で、のんびり新年会っつうのもええかなと思います。

 そうそう会場の東京サロンがあるあの素敵な洋館は2月から一年間休業で、建替えになるそう。あそこの雰囲気は結構好きだったのでちょっと残念です。心にいっぱい留めてこようっと。


1/7(SUN) AT 東京SALON
CHILLOUT VILLAGE - DAYTIME NEW YEAR PARTY
14:00〜終電くらい

Live:
Otoneon aka Buddhastick Transparent

Djs:
Cinn Artman Makyo Utsumi Sinkichi Hiyoshi Miharu Sinn

Info:
http://www.globalchillagetokyo.com

DOOR ¥3000  WITH FLYER or POSIVISION ¥2000
| Music Musik++ | 20:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
Tokyo Dance Music Festival


 3度目の開催となるTOKYO DANCEMUSIC FESTIVALが今週末11月12日(日)に行われる。今年は2部制とし1部を「DAY TIME」として代々木公園の野外音楽堂でのフリーパーティ、2部を「NIGHT TIME」として参加クラブ約20店舗の移動が自由になる回遊型イベントとなる模様。

 グロチレのAmbient Siteが個人的にはとても気持ち良さそうです。CCPのファミリーセールもやるようで20〜90%OFFだそうな。

★Global Chillage Ambient Site
 ARTMAN / Utsumi / Hiyoshi / Miharu / Cinn / Sinn

★Main Stage
 Q’HEY / KAORU INOUE
 高城剛 / MITOMI TOKOTO
 Mike McKenna / DJ MOCHIZUKI

★WOMBモバイルエリア
 OHNISHI / TECHRIDERS
 DJKEITA+VELOCITY / TEN
 RYUSUKE NAKAMURA / YOHEI ISHIJIMA
 TORSTEN FELD
| Music Musik++ | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
Scrobblingしない?
 Last.fmのソフトをUpdateしたら、じぇんじぇんScrobblingしなくなってしまいますた。サーバーの不調かと思って暫く様子を見ていたのですが、回りでそんな話をトンと聞かないので、ありゃりゃ?と一旦削除してから新たにインストールしてみたら、無事に通過している模様。
 iTunesのバージョンUPと前後してたので、その辺何かた詰まったのかしらん。まー、どうでもええや。

さて、レイアウトはどうしよう。
| Music Musik++ | 23:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
時間をはずした日は、新月!というわけで、uvAntam.comのインターネットLiveがあるらしい。
 7月25日マヤ暦では「時間をはずした日」にあたる。大晦日と新年の間の日。そして、新月を迎えるということで、2ヶ月の沈黙(ということにしておこう(笑))を破ってuvAntam.comのインターネットライブが開催される模様。明けて26日は新年なので正月だね〜♪

 今回は映像も配信するということで、禁断のプッチスタジオ内が映るかも!!ということだ。どんなことになるやら、ドンドンパフパフ!映像を見るにはWindows Media Playerが必要になるので、入ってないMacの人は今のうちに設定するが吉。

 こないだのトランス・ニッポンで飛び入りした時の曲もやってくれるのかな?
| Music Musik++ | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/7 >>