+がちゃがちゃエントリー


埋もれた過去記事をランダム表示!
がちゃがちゃエントリー設置方法(at JUGEM)はこちら
 ★がっちゃマン40号★
+Flicker 2nd
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from marsmoon underwater. Make your own badge here.

+Flicker
www.flickr.com

+RECOMMEND
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄病患者の鎮静剤。車で通り過ぎるだけじゃわからない沖縄を覗き見する感覚に、人がそこに生き暮らしているという気配を感じられる一冊。
+RECOMMEND
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS (JUGEMレビュー »)
よなは徹
3月の渋谷Liveの時から、このLiveでやってるようなのをCDで出してくんないかなぁ〜とひそかに待ち望んでいたら、いつの間にか出ていたにょ。うほほ〜い。
+RECOMMEND
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々)
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々) (JUGEMレビュー »)

NHK教育TVの趣味悠々に三線入門が登場!放送開始は、12月2日(水)です。安波節、祝い節、遊びしょんかねー、恋ぬ花、浦波節、染みなし節の入ったCDと譜面も付いてるよ!
+RECOMMEND
沖縄へこみ旅
沖縄へこみ旅 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄を愛してやまない旅ライターのカベルナリア吉田の最新沖縄旅本。
沖縄で出会った、あんなトホホやこんなトホホ満載の本。沖縄好きなあなたなら、さらに沖縄への愛が深まっちゃう本なのだ。トホホとの出会いの本なのにね。
 ふふ、愛だよ愛。
+RECOMMEND
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産)
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産) (JUGEMレビュー »)
セニョール・ココナッツ
セニョ〜ル、セニョリ〜タ、オド〜ル、ワラ〜ウ、タノシ〜ム、アイ・アーム・CoCo!!今年の夏は、セニョール・ココナッツでアッハ〜ン、ウッフ〜ン♪
南米、チリを拠点に活動するエレクトリック・ラテン・バンド“セニョール・ココナッツ”(アトム・ハート他)。
今度の新作は、YMO名曲を抱腹絶倒超絶ハッピーにラテン・カバー!!なんと、YMOの3人も参加だぞ!
+RECOMMEND
皆既日食ハンターズガイド
皆既日食ハンターズガイド (JUGEMレビュー »)
eclipseguide.net
SUTDIO VOICE別冊。
私はまだ体験したことが無い皆既日食!単に天文的なガイドではなく、「ハンターズガイド」とあるように観測するだけが日食じゃないだろうって、いろんな形で触れてみたい人に送る日食〈カルチャー/サイエンス&トラベル〉ガイドブックちうこった!宇宙飛行士の毛利さんの初めての日食体験談がステキだ。「見る」んじゃなくて「感じて」欲しい。
+PROFILE
+MOBILE
qrcode
+OTHERS

楽天で探す
楽天市場

ランキングナビ

ブログのレンタルサービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< 日焼け止めは サンゴの敵 | main | 2月誕生日会は、英国と玄界灘の夢におぼれる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
”『いつも輝いていたあの海』を知りませんか?”、その後…
 去年、こんなエントリーを書いた。夏の日の思い出と言ってしまえばそれで終わりだったのだけど、そうじゃなかった。

 土曜日に銀座で2月誕生日の女子を肴(オイラも肴の一人だ!)に飲もう〜っちうので、その集いの前に銀座の沖縄にふらっと行って、『やいま』だとか『うるま』だとかをゲットした時にレジであるフライヤーを貰った。そこには、『第2回 船浮音祭り』が4月20日(日)にあると書かれていた。去年、気になりつついけなかった船浮音祭り。4月20日ってば、4月の超割期間にどっぷり入っているわけで。

 実は、何も目的が決まっていないのに悪あがきのようにポチっと予約を入れていたオイラ。あー、購入期限来ちゃったなぁでもモチベーションあがらねぇなぁ、流れちゃうかなぁ…と、思っていたらこのインフォ。なーんですか?このタイミング。
 ジタバタもがいていたら、時期を同じくしてお互いは全く接点の無い友人が「人生は、流れのままに自然体でいればいいのさ〜」なんて言い出すし。うわ〜ん。そーゆーコトなんですかぁっ!!

 え?都合よく解釈しすぎでつか? アハ♪

 ま、そんなわけでとりあず宿が空いているか聞いてみようと白浜へ向けて電話してみたわけですな。そうしたら、件のドラマの映像が無事にフジテレビから手に入ってお正月には公民館で上映会までやったとか。良かったでございます。結局オイラは何にも力になれなかったけど、嬉しい〜〜〜!!と、小さくガッツポーズですよっ!!
 いやぁ、めでたい!!
 「鷲の鳥」は、まだムリだけど「かぎやで風」を弾いて唄っちゃうよ〜(笑)ついでに鳩間節で踊っちゃおう〜(←無謀という名の野望)

 ドラマ『いつも輝いていたあの海』は、先のエントリーにあるようになんとロケ地が白浜。どうやら、その話はその後も動いていてとうとう映像を入手することが出来たそうだ。

 ちなみに『第2回 船浮音祭り』は、主催が<SAVE THE CORAL 2008>となっている。今年は「国際サンゴ礁年2008」っつうことで、そこの動きに呼応して動き動き出した音楽ネットワークらしい。いろいろ気になることもあるので、まぁ、その話はまとまったらまた今度。

 そういえば、国際サンゴ礁年2008のHPだけど、2008年になってからなーんも更新がありませんね。どーなってんの?

JUGEMテーマ:旅行

| 沖縄2008 | 23:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |
タイムリーではありませんが、たまたま覗いたら気になることが・・
昔々のこと私の嫁が「いつも輝いていたあの海」に出演したというのです。確認のしようが無く、確認する必要も無いのですが、もしや映像を見る手立てでもあれば子供たちを囲んで見てみたいと思います。
| チャーヴィラ | 2009/10/07 9:24 PM |









http://marsmoon.jugem.cc/trackback/554