+がちゃがちゃエントリー


埋もれた過去記事をランダム表示!
がちゃがちゃエントリー設置方法(at JUGEM)はこちら
 ★がっちゃマン40号★
+Flicker 2nd
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from marsmoon underwater. Make your own badge here.

+Flicker
www.flickr.com

+RECOMMEND
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄病患者の鎮静剤。車で通り過ぎるだけじゃわからない沖縄を覗き見する感覚に、人がそこに生き暮らしているという気配を感じられる一冊。
+RECOMMEND
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS (JUGEMレビュー »)
よなは徹
3月の渋谷Liveの時から、このLiveでやってるようなのをCDで出してくんないかなぁ〜とひそかに待ち望んでいたら、いつの間にか出ていたにょ。うほほ〜い。
+RECOMMEND
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々)
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々) (JUGEMレビュー »)

NHK教育TVの趣味悠々に三線入門が登場!放送開始は、12月2日(水)です。安波節、祝い節、遊びしょんかねー、恋ぬ花、浦波節、染みなし節の入ったCDと譜面も付いてるよ!
+RECOMMEND
沖縄へこみ旅
沖縄へこみ旅 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄を愛してやまない旅ライターのカベルナリア吉田の最新沖縄旅本。
沖縄で出会った、あんなトホホやこんなトホホ満載の本。沖縄好きなあなたなら、さらに沖縄への愛が深まっちゃう本なのだ。トホホとの出会いの本なのにね。
 ふふ、愛だよ愛。
+RECOMMEND
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産)
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産) (JUGEMレビュー »)
セニョール・ココナッツ
セニョ〜ル、セニョリ〜タ、オド〜ル、ワラ〜ウ、タノシ〜ム、アイ・アーム・CoCo!!今年の夏は、セニョール・ココナッツでアッハ〜ン、ウッフ〜ン♪
南米、チリを拠点に活動するエレクトリック・ラテン・バンド“セニョール・ココナッツ”(アトム・ハート他)。
今度の新作は、YMO名曲を抱腹絶倒超絶ハッピーにラテン・カバー!!なんと、YMOの3人も参加だぞ!
+RECOMMEND
皆既日食ハンターズガイド
皆既日食ハンターズガイド (JUGEMレビュー »)
eclipseguide.net
SUTDIO VOICE別冊。
私はまだ体験したことが無い皆既日食!単に天文的なガイドではなく、「ハンターズガイド」とあるように観測するだけが日食じゃないだろうって、いろんな形で触れてみたい人に送る日食〈カルチャー/サイエンス&トラベル〉ガイドブックちうこった!宇宙飛行士の毛利さんの初めての日食体験談がステキだ。「見る」んじゃなくて「感じて」欲しい。
+PROFILE
+MOBILE
qrcode
+OTHERS

楽天で探す
楽天市場

ランキングナビ

ブログのレンタルサービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< ちょっと放置気味ですが…。 | main | トランス・ニッポン Vol.6 秋の集い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『久高オデッセイ』 and 『寿』ミニライブ
 いつぞやのエントリーにあげた『久高オデッセイ』の上映会に行ってきた。最初はちょっと行くのをあきらめていたんだけど、予定を画策して無事見ることができた。

 まだまだ咀嚼中で、ほえ〜っとなっているのが正直なところだけど、生活の中に唄と三線が溶け込んでいて、おばぁやおじぃ達のカチャーシーが始まると思わず体が動いちゃうという感覚が「あぁ、いいなぁ〜」って。これって、踊る部族の仲間たちがナイスな四つ打ち聞いたら思わず踊っちゃうって感覚と似ていないか?なんて思っちゃった。
 多分、もうウチらは体にどっぷり染み込んじゃってるのでジジィやババァになっても血沸き肉踊るになっちゃうんだろうって。そう思わない?>そこの踊る部族の人たち!アハ♪

 ああいう風に根っこがある人達の感覚って、都会で生まれ育ち自分のルーツもあやふやなままな私には凄く惹かれるものがあったり。自分のルーツなんて、せいぜい祖父母がどこら辺出身かくらいなところまでしかちゃんと分かって無い。たまに、実家の仏壇の過去帖を眺めてみたりするけど、先祖代々の伝来の土地があるわけでもなくお墓もせいぜい昭和の時代のものなわけで、いまいちピンときていないのが事実。

 「守って行くモノ」が何なのかって部分が、きっと一番希薄なのだな。だから、アコガレるのかも。なんて、思った。
うーん、旨く言葉にできませんね。


 で、寿のミニライブはなーんと八重山民謡・古典づくしでうれしい限り。ああいう風に唄えたらカッコええなぁ。ナビィさん、ステキっす!!
 なんだかコレが聞けたのは、ちょっと天啓のような気がしないでもないわけで。自分の中でやるぞ〜!みたいな勇気が沸いてきた。年が明けたらまじめに八重山方面の唄を中心に勉強したいなぁって思うです。

 まぁ、焦らず、無理せず、ゆっくりと、着実に。
 ついつい突っ走っちゃうオタク体質なので、ここが肝心(笑)


 そんなわけで、相変わらずの沖縄頭はますますピヨピヨと飛んでいる私なのであります。そして明日は中野駅前北口広場では『チャランケ祭り』だったりするわけで、またまた沖縄んな一日だったりするんよね。
| 沖縄2007 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |









http://marsmoon.jugem.cc/trackback/518
久高島の映像(3) 現在の姿『久高オデッセイ』
中野の「Plan B」で、『久高オデッセイ』(大重潤一郎、2006年)を観た。 いまやイザイホーが行われなくなった久高島の現在の姿である。神女は70歳で引退だから、前回1978年のイザイホーで30歳だった方も、もう来年には神女でなくなるわけだ。映画でも、本来イ..
| Sightsong | 2007/11/04 7:10 AM |