+がちゃがちゃエントリー


埋もれた過去記事をランダム表示!
がちゃがちゃエントリー設置方法(at JUGEM)はこちら
 ★がっちゃマン40号★
+Flicker 2nd
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from marsmoon underwater. Make your own badge here.

+Flicker
www.flickr.com

+RECOMMEND
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄病患者の鎮静剤。車で通り過ぎるだけじゃわからない沖縄を覗き見する感覚に、人がそこに生き暮らしているという気配を感じられる一冊。
+RECOMMEND
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS (JUGEMレビュー »)
よなは徹
3月の渋谷Liveの時から、このLiveでやってるようなのをCDで出してくんないかなぁ〜とひそかに待ち望んでいたら、いつの間にか出ていたにょ。うほほ〜い。
+RECOMMEND
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々)
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々) (JUGEMレビュー »)

NHK教育TVの趣味悠々に三線入門が登場!放送開始は、12月2日(水)です。安波節、祝い節、遊びしょんかねー、恋ぬ花、浦波節、染みなし節の入ったCDと譜面も付いてるよ!
+RECOMMEND
沖縄へこみ旅
沖縄へこみ旅 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄を愛してやまない旅ライターのカベルナリア吉田の最新沖縄旅本。
沖縄で出会った、あんなトホホやこんなトホホ満載の本。沖縄好きなあなたなら、さらに沖縄への愛が深まっちゃう本なのだ。トホホとの出会いの本なのにね。
 ふふ、愛だよ愛。
+RECOMMEND
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産)
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産) (JUGEMレビュー »)
セニョール・ココナッツ
セニョ〜ル、セニョリ〜タ、オド〜ル、ワラ〜ウ、タノシ〜ム、アイ・アーム・CoCo!!今年の夏は、セニョール・ココナッツでアッハ〜ン、ウッフ〜ン♪
南米、チリを拠点に活動するエレクトリック・ラテン・バンド“セニョール・ココナッツ”(アトム・ハート他)。
今度の新作は、YMO名曲を抱腹絶倒超絶ハッピーにラテン・カバー!!なんと、YMOの3人も参加だぞ!
+RECOMMEND
皆既日食ハンターズガイド
皆既日食ハンターズガイド (JUGEMレビュー »)
eclipseguide.net
SUTDIO VOICE別冊。
私はまだ体験したことが無い皆既日食!単に天文的なガイドではなく、「ハンターズガイド」とあるように観測するだけが日食じゃないだろうって、いろんな形で触れてみたい人に送る日食〈カルチャー/サイエンス&トラベル〉ガイドブックちうこった!宇宙飛行士の毛利さんの初めての日食体験談がステキだ。「見る」んじゃなくて「感じて」欲しい。
+PROFILE
+MOBILE
qrcode
+OTHERS

楽天で探す
楽天市場

ランキングナビ

ブログのレンタルサービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< 旅立ちの日、バスに揺られる。 | main | 帰りは(BlogPet) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
世界遺産の地へ
那覇ターミナルからバスに揺られること1時間弱で、斎場御嶽(せーふぁーうたき)のある場所へ。
沖縄本島には、何度も上陸していますが島のこちら側へ来たのは初めて。

斎場御嶽 バスを降りるとまたむあぁ〜っとした空気が押し寄せる。まだ体がこの気温になじんでいない感じ。でも、斎場御嶽の敷地の中に入っていくと外とは違って木々が茂り、空気はひんやりとしていて、やわらかく吹く風もとてもとても心地いい。

 これも聖地だからなのかしらんと思いながら、まわりの木々を眺めながらゆっくりと奥へ。

 沖縄のことをいろいろ知っていくと、私が普段暮らしているところはかなりハッキリと異なった文化や考え方があるようで、その中の一つに信仰のことがある。「御嶽(うたき)」と呼ばれる場所は今現在でも神の顕現する聖地と考えられているようで、おいそれと踏み込むことは許されない場所だったりするそう。こっちでいうと「氏神さま」のようなものと理解すればいいのかな。でも、こちらがかなり形骸化しているのに対して、まだまだ沖縄では生活の中にそういった神様が色濃く身近に根付いているという話をいろいろ聞いたり、読んだりするわけで。

 かく言うこの「斎場御嶽」も世界遺産になる前までは、琉球王朝の最高の聖地として一般の人々は足を踏み入れるのもままならない場所だったらしい。そんなわけで、「拝所」と呼ばれる場所に立ってピースってやってきゃいきゃい写真を取る人の傍らで、しゃがんで真剣に拝んでいる人もいたりして、ちょっとモヤモヤと複雑な気持ちになった。

 それでも、そこがとても心地よくウロウロしながら1時間以上そこに滞在していたかも。出るときに久高島の方向を見たら、太陽が出てきて、そうすると海の青色が驚くほどキレイに見えるわけでラグーンのブルーのグラデーションに「あー、この色はやっぱりいいなぁ」と沖縄に来たことを強く実感するのだな。

 那覇バスターミナルに戻ってきたら、Kawa家の車がお迎えに。ありがと〜ん♪
3月末に二人は家に滞在していたので、そんな久しぶり感は無いのだけれど沖縄の地で再会するのは、去年の秋以来。
 何か買い物とかある?という話だったので、「この後の渡嘉敷のダイビングに一緒に潜る人で300本を迎える人がいるんだけど、何やればいいか謎〜」とダイバーの大先輩でもあるKawaさんに相談に乗って貰う。単に旗だか布だかわかんないのは、つまんないし…となかなか決まらない。じゃぁ、とりあえずホームセンターでも行って見るべか?と。

 しばらくグルグルとそこにあるものを見ていろいろプランが浮かんでは、消え、浮かんでは、消え。mkりんが、これは?と手にしているのはパーティーグッズの「巨乳セット」(笑)。うはははは、それは受ける!!
 でも、BCのポケットに隠せないので却下。
 アフロも面白そうだが、どうやって300本記念を表せばいいのか思いつかないし。で、もやもやと頭の中にあったのが「フンドシ」。それの前のタレの部分を長くしてそこにいろいろ書けばええんやないかと。海の中でそれをヒラヒラと泳ぐ姿もなかなかえんじゃないかと。何より、300本記念の主がそういう野郎のにほいのするコトが大好きなような気配だし。まー、でも本人奥さんと息子二人も同行なんであんまりアフンな方向性は…以下略だったりなんてことも配慮しなきゃなのかな、と。

 でも、結局サラシを買ってフンドシを縫うことに決定。どんな感じになったかは、また後ほどの日記にて公開予定なり。

 この夜は、mkりんの手料理でもてなされておなか一杯、幸せいっぱいでございました。ご馳走様でした。島豆腐にごま油とマースとパクチーを混ぜただけのシンプルサラダがめちゃウマで、東京に戻ってから再現行為にはげみました。ポイントは旨い豆腐。男前豆腐なんかが固さも味もばっちりです。島豆腐とこちらの豆腐の違いは、島豆腐は海水を使って作るのでほんのり塩味だってこと。そんなわけで、塩は宮古島の「雪塩」を使ってみますた。ウフ。そうそう、スーパーで売ってる安い木綿豆腐でやってみたら、じぇんじぇんおいしくなかったです。もう、見事に…orz。
| 沖縄2007 | 01:33 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 01:33 | - | - |









http://marsmoon.jugem.cc/trackback/445
韓国の世界遺産
韓国の世界遺産について書いています。
| 韓国旅行の名所 | 2007/05/28 12:40 AM |