+がちゃがちゃエントリー


埋もれた過去記事をランダム表示!
がちゃがちゃエントリー設置方法(at JUGEM)はこちら
 ★がっちゃマン40号★
+Flicker 2nd
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from marsmoon underwater. Make your own badge here.

+Flicker
www.flickr.com

+RECOMMEND
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄病患者の鎮静剤。車で通り過ぎるだけじゃわからない沖縄を覗き見する感覚に、人がそこに生き暮らしているという気配を感じられる一冊。
+RECOMMEND
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS (JUGEMレビュー »)
よなは徹
3月の渋谷Liveの時から、このLiveでやってるようなのをCDで出してくんないかなぁ〜とひそかに待ち望んでいたら、いつの間にか出ていたにょ。うほほ〜い。
+RECOMMEND
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々)
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々) (JUGEMレビュー »)

NHK教育TVの趣味悠々に三線入門が登場!放送開始は、12月2日(水)です。安波節、祝い節、遊びしょんかねー、恋ぬ花、浦波節、染みなし節の入ったCDと譜面も付いてるよ!
+RECOMMEND
沖縄へこみ旅
沖縄へこみ旅 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄を愛してやまない旅ライターのカベルナリア吉田の最新沖縄旅本。
沖縄で出会った、あんなトホホやこんなトホホ満載の本。沖縄好きなあなたなら、さらに沖縄への愛が深まっちゃう本なのだ。トホホとの出会いの本なのにね。
 ふふ、愛だよ愛。
+RECOMMEND
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産)
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産) (JUGEMレビュー »)
セニョール・ココナッツ
セニョ〜ル、セニョリ〜タ、オド〜ル、ワラ〜ウ、タノシ〜ム、アイ・アーム・CoCo!!今年の夏は、セニョール・ココナッツでアッハ〜ン、ウッフ〜ン♪
南米、チリを拠点に活動するエレクトリック・ラテン・バンド“セニョール・ココナッツ”(アトム・ハート他)。
今度の新作は、YMO名曲を抱腹絶倒超絶ハッピーにラテン・カバー!!なんと、YMOの3人も参加だぞ!
+RECOMMEND
皆既日食ハンターズガイド
皆既日食ハンターズガイド (JUGEMレビュー »)
eclipseguide.net
SUTDIO VOICE別冊。
私はまだ体験したことが無い皆既日食!単に天文的なガイドではなく、「ハンターズガイド」とあるように観測するだけが日食じゃないだろうって、いろんな形で触れてみたい人に送る日食〈カルチャー/サイエンス&トラベル〉ガイドブックちうこった!宇宙飛行士の毛利さんの初めての日食体験談がステキだ。「見る」んじゃなくて「感じて」欲しい。
+PROFILE
+MOBILE
qrcode
+OTHERS

楽天で探す
楽天市場

ランキングナビ

ブログのレンタルサービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
台風バイバイ
200707151832000.jpg
まるばん帽子を届けてくれた緑ちゃんから、telがあって空を見上げたら大きなアーチが!!
写真には写っていないけど、ダブル・レインボーなり。短い時間だったけどきれいだったとにゃあ。

一週間後には、座間味なり!
っつうわけで『マリリンに会いたい』を観る(笑)丁度20年前の映画なのね。安田成美のあのウエットは意味あるのか?ノースリーブにハイレグだぜwww

携帯を新しくしたので投稿テスト!Hi-speedは快適らな。
| 沖縄2006 | 20:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
豪華二本立てのラスト・ダイブ
◆9月30日(土) 沖縄県下地島南(宮古)◆
ポイント:通り池
気 温:30度   天気:晴れ   水温:26度
透明度:20m   Ave.:13.3m  Max.:27.8m

ポイント:魔王の宮殿
気 温:30度   天気:晴れ   水温:27度
透明度:20m   Ave.:12.2m  Max.:27.8m


 さて、今回の沖縄旅のラスト・ダイビングとなりにけり。この日は昨日に引き続き一緒に潜る河内長野のお姉ちゃんが100本記念だということもあって、有名ポイント2本立ての巻となり「光と影と水の中ならではの大地との対話」に大満足で、また宮古島の海に行きたいと思わせてくれる体験てんこ盛りだった。くぅ〜、すっかりやられちゃったじゃん!もっと海がキレイな時にここに来てみたいってね。
 今回のダイビングはどの日も天気が良くってなんだかとてもラッキーだったなと振り返る今日この頃。素敵な体験がいっぱい出来て、ますますいろんな地球を見てみたいと無謀な野望が渦巻く私。次は、何処で潜れるのでしょうか。かないそうに無い最大の見たい場所は深海の熱水噴出孔とその周りのコロニーなんだけどね。あぁ、ハオリムシ。
続きを読む >>
| 沖縄2006 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
地形ってそういうこと?にょほほほ〜♪

◆9月29日(金) 沖縄県下地島南(宮古)◆
ポイント:Wケーブ
気 温:30度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:25m   Ave.:13.5m  Max.:21.2m

ポイント:アントニオガウディ
気 温:30度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:18m   Ave.:14.7m  Max.:30.5m


 来ちゃったよ!宮古島でございます。今回の26日間の旅の最後のダイビング地は宮古島となりました。波照間島と宮古の間には竹富島や石垣島に滞在していたりもしますが、潜らなかったのでログ的にはちょっと日にちが空きました。

 いやぁ、それにしても宮古島。八重山ラブラブのオイラにとって、まぁ、島的には一回行っておけばいいかなぁくらいのいまいち熱くないゆる〜い気持ちの宮古地方だったのですが、ダイビングに行ってべっくり!これが地形かぁ〜、そういうことかぁ!!と体験しちゃったらすっかり虜になっちまったの巻開幕でございます。(っても、2日間だけだったんだけどね)
続きを読む >>
| 沖縄2006 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
波照間ブルーの海を。
高那崎の断崖 写真は日本最南端の碑の近くから。9月も下旬に入ったのにめっちゃ暑かった。

◆9月23日(土) 沖縄県波照間島◆
ポイント:イリコッチ(西の入り口)
気 温:30度   天気:曇り   水温:27度
透明度:30m   Ave.:12m  Max.:20.4m


 渡嘉敷島で一緒に潜った、こばやんと波照間で合流。私が一人旅で西表島に行っている間、同じように彼女は与那国島ライフ。そんで一足早く波照間入り。示し合わせた分けでなく、偶然にも同じような日程で波照間滞在を組んでいた模様。しかも、同じ宿を取ってるなんて!(しかも、彼女との偶然はまだこの後にもあるんだな〜!いや、これは美味しい必然か!? :D)

 ってなわけで、「んじゃ、最南端の海で潜っとく?」の巻でございます。
続きを読む >>
| 沖縄2006 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
鼻血ブーの海(笑)
◆9月20日(水) 沖縄県西表島◆
ポイント:崎山ノースコーナー
気 温:30度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:30m   Ave.:10.6m  Max.:13.1m

ポイント:崎山アザミサンゴ
気 温:31度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:30m   Ave.:8.5m  Max.:14.9m

ポイント:ロックフォール
気 温:31度   天気:晴れ   水温:27度
透明度:20m   Ave.:12.5m  Max.:16.7m


 西表島ラスト・ダイブは、今回初めての外洋への巻でございます!ドンドン!

 っても、やっと20本の私ですのでそんな遠くじゃないのですが、崎山2箇所と去年も行ったロックフォールへ連れて行ってもらいました。この日も極上の天気で外洋に出ると水の色と底の見え方がぜんぜん違ってくる。ポイントにつくまでの海が昨日の海とは別物のような色で、底までクッキリ見える場所を途中に何箇所も通過して船の上の全員が「ひゃっほ〜ぃ!」気分。
続きを読む >>
| 沖縄2006 | 21:43 | comments(4) | trackbacks(0) |
台風が過ぎて、やっと落ち着いてきたので。
 西表で台風13号の直撃を食らっただとか、バスにゆられて日本最南端の温泉に行っただとか、秘密のビーチ発見の巻きだとかいろいろ話題はあるんだけど、先にダイビングログ関係をまとめてUpしてからにしようと思いまする。

◆9月19日(火) 沖縄県西表島◆
ポイント:Gスポット
気 温:30度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:8m   Ave.:5.7m  Max.:16.1m

ポイント:4番ポール
気 温:31度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:10m   Ave.:10m  Max.:30.2m


 かなり激しい爪あとを残した台風13号が去って、一週間ぶりに台風前に入ったのと同じポイントに行ってきた。
続きを読む >>
| 沖縄2006 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
嵐の前の静けさは、本当だった。
◆9月13日(水) 沖縄県西表島◆
ポイント:4番ポール
気 温:31度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:28.7m  Ave.:14.3m  Max.:28.7m

ポイント:Gスポット
気 温:31度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:25m   Ave.:6.4m  Max.:16.7m


 この日は朝から気持ちの良い快晴で宿の前の海も鏡のように静かで、台風が接近してるなんてとても思えない。「これが嵐の前の静けさなんですよ。本当にあるんです。」と、要さんも言う。そんなわけで、この日は船を満潮に合わせてマングローブの森にしまうということで朝8時に出航して11時過ぎにはもうやどに戻っておりました。。
続きを読む >>
| 沖縄2006 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ここが出発点の場所だった。
◆9月12日(火) 沖縄県西表島◆
ポイント:ハナゴイの根
気 温:31度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:20m   Ave.:11.9m  Max.:20.1m

ポイント:外離れ南
気 温:31度   天気:晴れ   水温:28度
透明度:20m   Ave.:11.3m  Max.:18.0m

ポイント:美田良浜
気 温:31度   天気:晴れ   水温:29度
透明度:20m   Ave.:7.3m  Max.:11.9m


 去年Cカードを取得した白浜@西表島に再び上陸。やっと帰ってきたー!と、心のどこかがウキウキする。ダイブ・ラティークは、居酒屋IKEIの裏に場所が変わって庭もあって広く大きいところに引越していた。そこは、去年初めての西表の夜にIKEIのチヨコおばぁに連れられて行った「海神祭の打ち上げ」をやっていた場所

 朝食を終えて用意をしていたら、ラティークの要親分が登場!お久しぶりでございます。「すっかり、ブランクダイバーになっちゃいました。そんなわけでリハビリからよろしく」と挨拶。船の停泊場所がちょっと変わって遠くなりましたからと、車でお出迎えの模様。
 既に器材は前日渡してある。で、宿から去年の港まで200mくらい。で、遠くなったと言ってもそっからプラス100m。そこを車で行きました。ま、次の日からは行きは歩いて行ったけどね。帰りは器材があるので送って貰てたけど。

 さてさて、ダイビング。戻ってきたぜ!な西表。
続きを読む >>
| 沖縄2006 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひじゅいし北・とかしくビーチ前
◆9月9日(土) 沖縄県渡嘉敷島◆
ポイント:ひじゅいし北
気 温:32度   天気:晴れ   水温:28.7度
透明度:25m   Ave.:11.8m  Max.:18.2m

ポイント:とかしくビーチ前
気 温:33度   天気:晴れ   水温:29度
透明度:20m   Ave.:3.6m  Max.:5.1m


 2006年のKawa家主催の沖縄離島遊びに参加。今年は渡嘉敷島ということで本島に近い離島は初めてです。
続きを読む >>
| 沖縄2006 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(1) |
石敢當とシーサー
阿波連ビーチ近く@渡嘉敷島モンパの木@波照間島 本島、離島にかかわらず沖縄の町を歩いていると、T字路や三叉路の突き当たりのいたるところに「石敢當(いしがんとう)」とか「石敢当(いしがんとう)」と書かれた札や石なんかを目にすると思います。大抵はシンプルに表札みたいな石だったり、路傍の石に直接文字が彫られていたりしますが、たまに写真のようなモノに出会います。(上のは阿波連ビーチ近く@渡嘉敷島、下のはモンパの木@波照間島)
 石敢當が何かは、このあたりを読んでいただくと良く分かります。魔物は角を曲がれずにまっすぐに突き当たってくるという法則があり、石敢當を置いて蹴散らそうとい魔除けの一種らしい。ホント、必ずといっていいくらい突き当たってる所にはあります。昔のモノが残っているってのならよく分かるんだけど、結構新しいのもあったりして沖縄では当たり前のようにそういう目に見えないモノに対する風習・考えが21世紀のこの時代になっても濃厚なんだと感じるのだ。今も色濃く残る沖縄のアニミズムは、いろいろ知り探っていくと大変に興味深いことが多い。まだ端っこをかじっただけなんだけど「御獄(うたき)」「ウガン(拝み)」「ユタ」「ノロ」etc. 興味は尽きないです。
 いやぁ、でもこの辺りのエピソードをいろいろ読んでいると「ううう、最近実家のお墓参りにじぇんじぇん行ってないや〜〜orz」と胃が痛くなってきます(笑)

クリックすると全身と横のチビシーサーが見れるよ。クリックすると大きいシーサーも見れるよ。嶺本館@竹富島 シーサーはほんといろんなタイプのコ達がいてそれを見てるだけでも楽しい♪島や地域によってもいろいろあって、竹富島では一匹で屋根の上でお家を守っているタイプ(一番下の赤いコ)が多かった。そういえば、去年石垣島の川平で泊まった宿もこの一匹タイプ。屋根の上に居たね。
 反対に2匹タイプは、門柱の左右に「阿」「吽」の組み合わせでいるのをよく見かけたよ。シャチホコよろしく屋根の両端に居たりもするみたいだけど、上ばっかり見上げて歩いているわけじゃないのでそっちは気付かなかったのが多いかもね。写真の貝殻で手作りしたシーサーは波照間島で赤瓦の昔ながらの古い家の門にいらっしゃいました。それぞれ大小いて合計4匹おりやした。どっちもかわいいけどグルグル目玉の「阿」が特に好き♪(画像をクリックするとそれぞれ2匹ずつ見えるよ)
 ググってみてもシーサーはカッコいいのから、お間抜けなのまでみんな個性たっぷりで神社の狛犬の様式美とは違う身近さを感じちゃいます。シーサーは部屋に飾ってもいいと思うけど、狛犬はちょっと敷居が高い気がするのは何故? :D
| 沖縄2006 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
1/3 >>