+がちゃがちゃエントリー


埋もれた過去記事をランダム表示!
がちゃがちゃエントリー設置方法(at JUGEM)はこちら
 ★がっちゃマン40号★
+Flicker 2nd
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from marsmoon underwater. Make your own badge here.

+Flicker
www.flickr.com

+RECOMMEND
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄病患者の鎮静剤。車で通り過ぎるだけじゃわからない沖縄を覗き見する感覚に、人がそこに生き暮らしているという気配を感じられる一冊。
+RECOMMEND
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS (JUGEMレビュー »)
よなは徹
3月の渋谷Liveの時から、このLiveでやってるようなのをCDで出してくんないかなぁ〜とひそかに待ち望んでいたら、いつの間にか出ていたにょ。うほほ〜い。
+RECOMMEND
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々)
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々) (JUGEMレビュー »)

NHK教育TVの趣味悠々に三線入門が登場!放送開始は、12月2日(水)です。安波節、祝い節、遊びしょんかねー、恋ぬ花、浦波節、染みなし節の入ったCDと譜面も付いてるよ!
+RECOMMEND
沖縄へこみ旅
沖縄へこみ旅 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄を愛してやまない旅ライターのカベルナリア吉田の最新沖縄旅本。
沖縄で出会った、あんなトホホやこんなトホホ満載の本。沖縄好きなあなたなら、さらに沖縄への愛が深まっちゃう本なのだ。トホホとの出会いの本なのにね。
 ふふ、愛だよ愛。
+RECOMMEND
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産)
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産) (JUGEMレビュー »)
セニョール・ココナッツ
セニョ〜ル、セニョリ〜タ、オド〜ル、ワラ〜ウ、タノシ〜ム、アイ・アーム・CoCo!!今年の夏は、セニョール・ココナッツでアッハ〜ン、ウッフ〜ン♪
南米、チリを拠点に活動するエレクトリック・ラテン・バンド“セニョール・ココナッツ”(アトム・ハート他)。
今度の新作は、YMO名曲を抱腹絶倒超絶ハッピーにラテン・カバー!!なんと、YMOの3人も参加だぞ!
+RECOMMEND
皆既日食ハンターズガイド
皆既日食ハンターズガイド (JUGEMレビュー »)
eclipseguide.net
SUTDIO VOICE別冊。
私はまだ体験したことが無い皆既日食!単に天文的なガイドではなく、「ハンターズガイド」とあるように観測するだけが日食じゃないだろうって、いろんな形で触れてみたい人に送る日食〈カルチャー/サイエンス&トラベル〉ガイドブックちうこった!宇宙飛行士の毛利さんの初めての日食体験談がステキだ。「見る」んじゃなくて「感じて」欲しい。
+PROFILE
+MOBILE
qrcode
+OTHERS

楽天で探す
楽天市場

ランキングナビ

ブログのレンタルサービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
西表島と石垣島 スライド・ショウ


 明日から9月だとういうのに、やっとこさ沖縄旅行の写真をUP。というわけで、スライド・ショウになっております。
が、システムの都合上時系列がさかさまになっちょります。
そんでもって、スライド・ショウで出る画像は私がUPしたモノより荒くなっておりまする。
「All Size」ボタンでいろんなサイズを表示できる画面になるので、そこで「Large」を選べば私がUPしたものが出てくるにょ。

 うーん、ちょっと使い方を研究しないとだな。
| 西表・石垣2005 | 21:31 | comments(3) | trackbacks(0) |
石垣島産フルーツパパイヤ
石垣島産フルーツパパイヤ 昨夜、麻布十番の友人宅に行って「石垣島産フルーツパパイヤ」というのを貰ってきた。画像から分かるように近所のスーパーなんかで売ってるのに比べるとかなりでっかい(オイラの足と比較してくり)。そういえば、石垣島の川平で泊まった宿の庭先にあったパパイヤにもこういうでっかいのが生っていた。

 今、南国フルーツ界隈でマンゴーは換金作物としてかなり成功を収めている。「完熟マンゴー」でググってみると分かるように、一つ千円以上とかで売られている。今年は特に天候の関係から不作でさらに高値更新なのだね。
 そんなわけで、パイナップルとパパイヤも立派な換金作物にしようと石垣島の農家は頑張ってるわけで、石垣島に知人を持つ友人がモニターとなった(なってしまった?)。そんで「お〜いしぃ!」ってみんなが言うようなパパイヤが作れるまでこれから送られ続けるらしい。そんなわけでオイラは、「石垣のパパイヤいらんかね?」というお誘いにホイホイと乗って、友人宅まで取りにいってきたわけだな。(関係ないけど、西新宿の会社から麻布十番までチャリで行きましたよ。ええ)

 しかし、どうやらこの品種もともと現地で野菜として食べられているパパイヤ(タイ料理では、ソムタムサラダっちう名前で青いパパイヤを使っためっちゃ辛くて旨い食い物があって、私は大好き!)で、それを品種改良しているらしいのだが、前回送られてきたものを食した友人の話によると外国産の濃厚にあま〜いパパイヤとは一歩二歩どころかかなりの開きがある模様。まぁ、ぶっちゃけた話とても「美味しい」とは言えないらしい。結局、パパイヤ・カレーにして食べたという話なのだ。

 オイラが貰ったやつは、まだ完熟していないので部屋において熟すのを待ってるわけで一口も食べていないのであんまり強く言うのもなんだけど、それなら無理やり「フルーツ」としてではなくもともとの「野菜」として売り出せばいいんじゃないかと思うわけだ。

 だってね、「フルーツのパパイヤ」ってのは今までも外国産のがあるわけで、それに値段、味で勝つのは結構険しい道のりじゃないかと。でも、「野菜のパパイヤ」だったら東京でもまだそこらには売ってない。そんなわけで、「野菜」で売った方が東京とかの本土では、「新しいモノ」度合いが跳ね上がるわけで。食物繊維も普段目にする品種より多いらしいので、無理に外国の旨いパパイヤと勝負するんじゃなくて「食物繊維たっぷりのパパイヤ・サラダでおいしくヘルシー!」なんてキャッチコピーでオサレなCafeやデリと組んでそういう路線で売り出した方がいいんじゃないかとか、そんな企画めいた話を友人の手料理を食べながら話して楽しかったっす。
 ま、でも食べてみないことにはなので、貰ったこのでっかいパパイヤがグズグズ一歩手前まで熟すのを待ってかぶりついてみたいでござるよ。

 ここん家に行くといつもそういう新商品や新企画のアイディア話で盛り上がるのだな。モノによっては何処の会社に持っていけば通りそうかとか、どういう業界と組むといいかなんて所まで話が行ったりする。うふ、こういう会話は大変にた〜のしい。先日は、「獣毛フェチ・クラブ」で一儲けの仕掛け話で爆笑なアイディア話題で大変盛り上がったり。

 そして、久しぶりに麻布十番温泉の「越の湯(1Fの銭湯)」に行ったのだな。あは〜ん。でも、その後、汗をかかないようにゆっくり走ってたら家に帰るのに1時間半以上かかってしまったのだな。
| 西表・石垣2005 | 16:10 | comments(4) | trackbacks(0) |
連れて帰ってきたマングローブたちの8月
 すっかりのんびりしちゃってお盆も過ぎちゃいましたね。ペルセウス座流星群はあいにくの天気でまったく見えず。12日〜16日と信州の栂池高原に居たのにちょっと残念。東京も天気はイマイチだったようで。でも、ステキな音に囲まれて森の中のクルクルキラキラとか、妄想の銀河に埋もれてウハウハしてきたのでまぁいいや(笑)

 さて、西表島と石垣島で拾ってきたマングローブ君たちを二人部屋から一人部屋へ。っても、結局入れ物はオリオンビールのカップなのですが、水と太陽があればいいみたいなので最近は家にいるときはベランダに出してたっぷりと太陽光線を浴びて貰っています。葉っぱにも霧吹きで水をたっぷりとかけてあげるといいみたい。
 そういえば、マングローブは海水中の塩分を排出するために葉っぱに塩をためて葉っぱごと捨てると聞いたことがある。黄色くなった葉っぱを舐めると塩辛いらしいのだが、今回の沖縄行きではそんなことすっかり忘れていたよ。(あ、Kawaさんが東京に来るときに黄色い葉っぱを取ってきて貰おうかしら、ニヒヒ(笑))

 2枚目の画像を見るとお気づきのように、右から二つ目だけ種類が違う。これは、西表島の白浜のマングローブ林で見つけたもので、種がツルっとしてて葉っぱも丸いのでメヒルギかなと。
 そんでもって、残りの3つは石垣島の吹通川のヒルギ林で拾ったもので、種子の表面にボツボツがあって長くて、葉っぱも先っちょがツンととがっているのでヤエヤマヒルギだろうと推測。

 日本に生息するマングローブ(汽水域に生息する植物の総称)は、7種類(オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギモドキ、ヒルギダマシ、マヤプシキ、ニッパヤシ)あって、その全てが西表島で見られるらしい。種子が細長いのがヒルギ種でオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギの三種類あるようだ。次に西表島に行くときは、もうちょっと勉強してマングローブ・ツアーってのにも行って見たいな。
| 西表・石垣2005 | 17:28 | comments(3) | trackbacks(0) |
島サンダルの秘密 @番外編#5
島サンダル 『島サンダル』、私たちには「ビーサン」として馴染みが深い沖縄に行けばどこにでも売ってるモノ。この島サンダルには「沖縄産」と「インドネシア産」があるそうだ。
 本当の島サンダルは沖縄産だそうで、その特徴は「鼻緒の部分に名前を書く場所がある」ということらしい。みんな同じだから間違えないようにってことか?学校か?(笑)

 まぁ、しかし実際のところインドネシア産の方がちょっと安かったりして、普通にみんなそれをはいているらしい。どれが「本当」なんて関係ないんだよね。ちなみに、googleで「島サンダル」でイメージ検索すると全然違うモノが出てくる。こんなオシャレなのは違うと思うな。もっと生活に密着したこのチープさ、お手軽さ加減が島サンダルの魅力なんだと思う。アハ。

 「らしい」ばっかりですまぬ。これは、中野チャンプルーフェスタでのルンルン金城情報だったりするんだな。
| 西表・石垣2005 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
西表島&石垣島ダイビングと大地の旅(目次)
 6月22日から29日の日程で、西表島と石垣島に行ってきた。エントリーが増えてきたので目次(?)みたいなものを。一覧は、こちら(カテゴリーから)から。さて、このペースで行くといつ東京に戻ってこれるのやら(笑) 後、いくつかの写真は大きいサイズが見れるようにしました。文中のハイパーリンクも極めて地味〜に修正、追加アリ。(7月9日 記)

ほえ〜、すっかり日にちが経ってしまってますが、ぼちぼちUPしています。(7月29日 記)


いざ、沖縄!豪雨の中羽田へ @6月22日#1
夏!夏!なつーー!な那覇 @6月22日#2
ペアルック危機一髪! @番外編#1
ハロー!サザンキング号 @6月23日 #1
監督の秘密 @番外編#2
ついに西表島へ! @6月23日#2
突然の雷と豪雨の中宴は続く @6月23日#3
島サンダルとさんぴん茶 @番外編#3
さぁ、海へ出るぞー!雷と豪雨の中出航 @6月24日#1
トウアカクマノミさん、こんにちは! @6月24日#2
ロックフォール と コロッセオ @6月24日 #3
人気者!PENTAX OptioWP @番外編 #4
あぁ、今日もお日様は見えない @6月25日#1
ウミガメに注意せよ! 6月25日#2
おめでとうが3つ @6月25日#3
のんびりと、ママチャリで @6月26日#1
島サンダルの秘密 @番外編#5


[番外編]
スライド・ショウ よさげな写真をUP !?
連れて帰ってきたマングローブたちの8月
中野チャンプルーフェスタ
| 西表・石垣2005 | 20:24 | comments(4) | trackbacks(1) |
のんびりと、ママチャリで @6月26日#1
朝起きたらもう雨の気配は無い。
日差しと白い雲と青い空が久しぶりに戻ってきた。

今日は、自転車でも借りてのんびりと近所をめぐるかなと。
連日、講習でいささか疲れていたのもある。
うーん、体力的というより、気力かな?

朝、t0moriさんを要さんが迎えに来たときに、「このままググ〜と晴れたらせっかくなので午後の一本は一緒に潜りに連れて行ってくれ」とお願いしてみる。昼は港に戻ってくるというので、じゃぁ、頃合を見計らって見に行きますと。せっかくだから日の光が入る西表の海も是非見て見たい。

さて、そろそろかなと外に出ると日差しが結構痛い。肌を突き刺すように降ってくる。慌てて部屋に戻って日焼け止めなどを塗り、お茶だとかタオルとかを用意して出かける支度。海人の家のあくつさんにお願いして、宿の自転車を貸して貰う。

まずは、目指すは美多良浜。
園部さんの話によるとここは、浜に下りる道が無いのでシークレットビーチぽくってガイドブックにも載っていないそう。

さて、自転車で行く第一関門はトンネルだ。
中はひんやりしていて結構気持ちがいいんだけど、かなり暗い。サングラスをしたまま突入したら、なーんにも見えなくなってびっくりした(笑)
ちょっと登ってる上にカーブしているので出口は全く見えない。
まぁ、中を走っていたのは3分にも満たないだろう。自分の自転車の音しかしない状態で前後共に出口が見えなくなった時は、途中でこのまま別次元にワープしちゃうかもなんて妄想が楽しかった。

トンネルを出るとそっからは下りが続く。車も人もいないことをいいことに、ブレーキをかけずに一気に下る。ジャングルが流れていく。ひょ〜、気持ちいい。
やがて右手には田んぼが広がり始める。
見ると、ちょっと赤みがかって稲穂が重く垂れたそれらの借り入れをやっている。え?今ってまだ6月じゃん?
後で聞いたら、二毛作だということだった。
赤みがかっているのは、きっと赤米とか黒紫米とかなのかな?
西表島産の黒紫米はとってもおいしい!
普通の白いゴハンにちょっと足して炊くのだ。そうするとお赤飯っぽい色に白米が染まる。この間、その色の付いたゴハンで散らし寿司を作ったら結構オシャレになったよ(笑)

そして、左手の木立の向うに海が見え始める。
お、これが美多良浜?

暫く走ってると、降りれそうな小道(いや、ちょっと踏み固められた形跡がある獣道みたいな感じ)を発見。行ってみるしかないでしょうと、ママチャリー号を止めて降りてみる。石垣を飛び降りて5mも行くと一気に視界が開けて静かなビーチに出た。
またもや、「海、独り占め」に誰もいない。自然と深呼吸。
波打ち際にそって並べられたテトラポットの上を、トントンと飛びながら車から見て気になっていた流木に近づく。やっぱりでかい!5mくらいはありそう。遠くからみるとドラゴンに見えたのだよね。
満潮に近い時間だったので、流木は水面から半分体を出してゴロゴロと波に揺られていた。

波の音ってどうしてこう落ち着くんだろうね?

(※写真は後で挿入します)
| 西表・石垣2005 | 16:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
おめでとうが3つ @6月25日#3
 機材を洗って干してから、一旦宿に戻る。そういえば、今日は土曜日。郵便局にお金を下ろしに行かないとだ。学科の前に園部さんが車で連れて行ってくれると言う。東京じゃ考えられない「島民の車生活」の話や秘密のビーチの話なんかを聞きながら、祖納の郵便局へ。途中でっかい捕虫網を振り回してるおやじを目撃。そろそろ蝶々を狙った「虫取り隊」というイキモノが大量発生する時期らしい。ショウガクセイからロウジンまで多種多様に目撃することができるそうだ。別の日の夜にトウダイセイというのを目撃したぞ。

 西表島には銀行が無い。クレジットカードも使えるところは極めて少ない。そんなわけで郵便局が島民の銀行代わりだ。土曜日は5時までならATMが開いている。
 それから、もちろんセブンイレブンやファミリーマトなんてものも無いのだな。でもね、コンビニはあるんだよ。24時間は開いていないけど、生活に必要ないろんなモノが売っている。白浜には「屋良商店」なるコンビニがある。郵便局のある祖納にはちょっと大き目な「スーパー星砂」がある。最初の日にサンダルを買った店ですな。え?「よろず屋」じゃないかって?よろず屋をカタカナで書くとコンビニなんだってよ。

 なんとか夕食前に全てのことを終え、筆記試験(ってもマークシート)に無事合格し晴れて「ダイバー」となったわけで。夕食はまたもやIKEIにて。ここがね、いいんだ。居心地良くって落ち着くし、近いし、おばぁは楽しいし。今夜は千葉の母娘も加わっていつもよりニギヤカ。そして、t0moriさんの××歳のバースデー!ということで、私の合格とともにみんなでささやかに乾杯!おばぁが作ってくれた泡盛をシークワーサーとソーダで割ったカクテルがとっても飲みやすくておいしい。そいでもって、プレゼントにと東京で写真のようなモノなどを買っておいたのだった。ちなみにこれは眼鏡置きである。

 9時ぐらいにIKEIは引き上げ、ログ付けと称する宴会@Dive LateeQuへ向かう。

サガリバナ 先に来ていた河内長野のおっちゃんの案内でサガリバナというとてもうっとりするようなやさしい甘い香りのする花を近所の家の裏に見に行く。線香花火を固めて形にしたような繊細な糸のような無数の花びら(?)がとても美しい。この花は夜に開花し、朝日が当たると散り落ちてしまうのだ。
 サガリバナが群生する川に、早朝船を出して見に行くというツアーが各種ある。水面(ミナモ)に一面にゆらゆらと漂う花からはまだ香がしていて、とてもうっとりな光景&香なんだそう。あぁ、いいなぁ。次回、是非とも行ってみたい。

 そんなこんなで、LateeQuでもまた乾杯。この時、母娘の娘さんの方が300本達成ということが判明でさらにおめでとうが加わった!3つのおめでとうに気をよくした要さんからLateeQu Tシャツを貰う。えっへっへ〜♪これが一番嬉しいかも?
 飲める人たちはみんな泡盛をぐいぐいいっている。当然t0moriさんもだ。そんで、この夜は河内長野のおっちゃんの人生哲学の演説を聞かせていただきました。
| 西表・石垣2005 | 19:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウミガメに注意せよ! 6月25日#2
 今日から昨日の面子にベテランな千葉の母娘が加わりまして、ラティーク3号は一段とニギヤカに楽しくなりました。同年代(?)の人が増えたからか、ハタマタ女性増加のせいか、河内長野のおっちゃんは絶好調で喋ります。おっちゃんがはじめて要さんにガイドして貰った時の武勇伝(?)には、結構笑わせていただきました。そして、おっちゃんは今回もいろいろ話題を振りまいてくれたのでした。 t0moriさんは、職業柄もっとニギヤカに喋る人かと思いきや、意外に控えめで静かな感じで会話に参加しています。午前中は昨日最後に行ったコロッセオとハリケーン・チャンプルーに潜ったのでした。海の中は前日よりも、砂やチリが浮遊していてやや透明度が落ちています。

 岩にくっついたこんなのとか、こんなのとか、こんなのとかがいっぱい。動きがヤバイものも結構います。

 そうそう、なんとこの日はアオウミガメと遭遇いたしました。一旦私たちの傍を通り過ぎた後、旋回してこちらの様子を暫く伺ってから根の向こうに消えていきました。前の日に聞いた、「ウミガメ注意」の怖い話が思い浮かびましたので私たちは静かにして見学いたします。
 なんでも、繁殖期のウミガメはダイバーをもお嫁さんと間違えることがあるそうでございます。海の中で雄のウミガメは雌を見つけると、その手でガシッと背後から羽交い絞めよろしく捕まえて、そのまま海の深いところへひっぱっていくという習性(要は交接のためですな)があるとか無いとか。長いときは合体したまま10時間もいるそうです。まぁ、なんて凄いのでしょう。亀は万年生きると申しますから、時間の使い方が違うのでござましょうか?
 甲羅が50cmにも満たない小さ目のウミガメでも、人間一人をひっぱって潜るなんてことは簡単らしいので不用意に近づかないようにということでございました。みなさまもお気をつけあそばせ。

 今日のお昼のお食事は炊き込みご飯とトマトスープでございました。港に戻って談笑しながら食べていましたら、ピシガラドンと雷が鳴り始めあっという間に雲行きが怪しくなって参りました。外を見ると雨のカーテンが近づいてくるのがはっきりと見受けられます。まぁ、また雨ですの?と眺めているうちに滝のような雨が私たちの船に叩きつけるように降って参ったのです。
 海の水と違って雨は冷たく冷えています。多分、上空から落ちてくる間に気化熱が奪われて冷えるのでございましょう。要さんと園部さんがあわてて風上にシートを張って吹き込む雨をなんとかしのぐことができました。

 小一時間もしないうちに雨は止み空も明るくなってきました。私はここで船を下りて講習の続きと最終筆記試験に臨みます。他の皆様は、午後の一本に出かけていかれました。どうやら、結構、いいえ、かなり良かったそうでございます。
| 西表・石垣2005 | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
あぁ、今日もお日様は見えない@6月25日#1
まいど。
東京は今日もあっちぃです。

ちょっと飽きたので、敬愛するアソコの真似っ子でエントリー(笑)

西表島3日目も天候は曇り時々「豪雨」。
そんでもって自分は、講習の続きです。今日、実習、学科をクリアしてテストに合格すれば晴れて『ダイバー』の仲間入りということだそう。

『テスト』なんてもんを最後に受けたのはいつだろう?
TOIECとかかしらん?

ここらで、今回西表島でお世話になったDive LateeQuの人を紹介をしておこう。

要親分 まずは、川崎要さん。Dive LateeQuのエライ人。私は心の中で密かに「親分」と呼んでいた。もともとは横浜、川崎でインストラクターをしていたというt0moriさんが師匠と呼ぶお方。最初、いわゆる「ギョーカイ人」っぽい眼鏡姿で登場したのを見たときは、うわっちょっとニガテ系のノリかもと正直ちょっとひいてしまった。ごめんなさい(笑)

 でも、実際は焼けた肌と締まったケツがセクシーな海の男。ラティーク3号を操船する立ち姿がカッコよく、お喋りも楽しく陽気で、最初の「引き」はすぐ解消された。

 夜『ログ付け』(潜った場所とか見た魚とかのデータをログブックと言われるNoteに記入。まぁ、ダイビング日記みたいなもん?整理しておくと後々役立つらしい)という名の飲み会に行くと、いろいろ旨いモノを食わせてくれる。
今回は、シャコ貝とかイカとかタコとかの刺身。

そうそう。

要さんは「ハシモトセイコ」という凄いワザを持っているらしい。
お酒にめっぽう弱い私にはマネの出来ないワザだ。

それから、アフロのヅラでガイドをしたりもするらしい。
ヅラには、マスククリアならぬヅラクリアが必要なんだってさ(笑)

園部先生 そんでもって、こちらが西表島の4日間マン・ツー・マンでオイラの面倒を手取り足取り見てくれた園部先生!人懐こい笑顔と海と生き物が大好きな、横浜っ子。間違ってもウミウシを口にいれて「入れ歯」なんてやってはいけません。苦いんだってさ。

秘密だけど、実は「うまい棒」が大好物。
西表にはなかなか「うまい棒」が入ってこないそうだ。入ってきても2種類とからしい。これから行く人は、貢物として持っていくと人気者になれること間違いない!と、園部先生は保証してくれたぞっ!
どっから見ても健康そうなのに、健康診断で「乳製品が足りません」と言われたらしい。一日いち牛乳、それがダメなら一日いちゲンキ・クール!(笑)

こんな、暖かくてキレイな海で楽しい人たちと講習できてオイラは超幸せモン。
| 西表・石垣2005 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
人気者!PENTAX OptioWP @番外編 #4
PENTAX optioWP & Premini-II 今回、沖縄に行くにあたってデジカメを新しく買った。PENTAXのOptioWP(Waterproof)という、一見ちょっと大きめの携帯?なんて思っちゃうヤツだ。しかして、どうして、コイツはこのまんまで水深1.5mまでなら30分の連続撮影が可能という優れもの。今回は、結構激しい雨に何度か遭ったのだけれど、ぜーんぜん平気。くびから下げてるといろんな人から親切に「携帯、雨に濡れてるよ!」とか指摘され、その度に「いや、これは水没OKなカメラで……云々」と。最初は、ちょっとええやろうな気分だったけど何度も聞かれるうちに、説明を紙に書いて首からぶら下げておこうかと思ったとか思わなかったとか。石垣島のダイビングサービス・ナポレオンマッチ棒君が「そんな情報沖縄まで来てないっす!」と力説したら、その横でKawaさんが「いや、石垣に来てなくても沖縄本島には情報来てますから」と突っ込み。あははは。
 と、まぁ、結構な人気モノでございました>OptioWP

 水の中でも動画も音も一緒にキレイに撮れるので、容量の大きいメモリーカードにしちゃってもええんじゃないかと。私は、秋葉原で見つけた12倍速512MBで5000円でオツリがきたヤツで快適に使っておりまする。今まで、NikonのCoolpixを使ってたんですが、OptioWPはそれよりもなんとなく色が鮮やかクッキリな感じがします。後、暗いところにちょっち弱い模様。まぁ、レンズも小さいからしょうがないけどね。私はコイツをNetで34,300円で購入。さっき、ちょろっとみたら33,400円とかになってた。

 しかし今回は、シュノーケリングしている暇が無かったのであんまり水中では活躍できず。でも、西表&石垣のダイビング中の豪雨には超活躍してましたよ!砂にまみれても洗えばOKだし。そんなコイツは、これからの野外Partyシーズンにもエエんじゃね?
| 西表・石垣2005 | 12:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
1/3 >>