+がちゃがちゃエントリー


埋もれた過去記事をランダム表示!
がちゃがちゃエントリー設置方法(at JUGEM)はこちら
 ★がっちゃマン40号★
+Flicker 2nd
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from marsmoon underwater. Make your own badge here.

+Flicker
www.flickr.com

+RECOMMEND
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行
ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄病患者の鎮静剤。車で通り過ぎるだけじゃわからない沖縄を覗き見する感覚に、人がそこに生き暮らしているという気配を感じられる一冊。
+RECOMMEND
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS
Roots~琉球祝歌 BEST OF OKINAWAN TRADITIONAL SONGS (JUGEMレビュー »)
よなは徹
3月の渋谷Liveの時から、このLiveでやってるようなのをCDで出してくんないかなぁ〜とひそかに待ち望んでいたら、いつの間にか出ていたにょ。うほほ〜い。
+RECOMMEND
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々)
NHK 趣味悠々 めんそ~れ!知名定男の三線入門 2009年12月~2010年1月 (NHK趣味悠々) (JUGEMレビュー »)

NHK教育TVの趣味悠々に三線入門が登場!放送開始は、12月2日(水)です。安波節、祝い節、遊びしょんかねー、恋ぬ花、浦波節、染みなし節の入ったCDと譜面も付いてるよ!
+RECOMMEND
沖縄へこみ旅
沖縄へこみ旅 (JUGEMレビュー »)
カベルナリア吉田
沖縄を愛してやまない旅ライターのカベルナリア吉田の最新沖縄旅本。
沖縄で出会った、あんなトホホやこんなトホホ満載の本。沖縄好きなあなたなら、さらに沖縄への愛が深まっちゃう本なのだ。トホホとの出会いの本なのにね。
 ふふ、愛だよ愛。
+RECOMMEND
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産)
プレイズ・ワイエムオー(初回限定生産) (JUGEMレビュー »)
セニョール・ココナッツ
セニョ〜ル、セニョリ〜タ、オド〜ル、ワラ〜ウ、タノシ〜ム、アイ・アーム・CoCo!!今年の夏は、セニョール・ココナッツでアッハ〜ン、ウッフ〜ン♪
南米、チリを拠点に活動するエレクトリック・ラテン・バンド“セニョール・ココナッツ”(アトム・ハート他)。
今度の新作は、YMO名曲を抱腹絶倒超絶ハッピーにラテン・カバー!!なんと、YMOの3人も参加だぞ!
+RECOMMEND
皆既日食ハンターズガイド
皆既日食ハンターズガイド (JUGEMレビュー »)
eclipseguide.net
SUTDIO VOICE別冊。
私はまだ体験したことが無い皆既日食!単に天文的なガイドではなく、「ハンターズガイド」とあるように観測するだけが日食じゃないだろうって、いろんな形で触れてみたい人に送る日食〈カルチャー/サイエンス&トラベル〉ガイドブックちうこった!宇宙飛行士の毛利さんの初めての日食体験談がステキだ。「見る」んじゃなくて「感じて」欲しい。
+PROFILE
+MOBILE
qrcode
+OTHERS

楽天で探す
楽天市場

ランキングナビ

ブログのレンタルサービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
そら豆の会が、デイリーポータルZに!?!?
 すっかりエントリーをサボっております。先月の西表旅の話もUPしていないのに、パパッパッパッラッオッ!!で一週間どっぷり海三昧で焦げ焦げになって帰ってきました。ただ今写真を整理中。ミクロネシアの海にも、とりこになりそうです。ワイルドサイドで行こうじぇぇ〜〜〜い!!な気分上昇中。

 さて、先日の土曜日にはそら豆の会の2008年度収穫祭がありました。オイラは、まだミクロネシア滞在中で参加できなかったのですが、収穫祭の模様が@NiftyのデイリーポータルZに載ってますですわよ。ひょえ〜、べっくり。まめ会に誘ってくれたつっちぃの収穫祭レポはこちら。

 いやぁ、ビニールはがし作業に行った時はまだまだちっちゃかった豆ちゃんたちが、立派に収穫できるサイズになってて、太陽と大地の恵みって凄いなぁって感動。収穫祭に参加できなかったオイラのために、若々しいそら豆ちゃんを送っていただきました。ありがとうぅぅぅ〜〜〜♪今夜は、ひとり酒池豆林ですわよっ!!(そういや、去年の収穫祭も潜りに行ってて参加できてなかったのでした)

なんかgremzがしおれてる? あちゃ〜

JUGEMテーマ:グルメ
| 茶 + 食 + ワザ | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
みそ との 遭遇
 去年の春分の日に仕込んだお味噌。そろそろいいでしょう〜と、まるば亭にてご開帳の儀を執り行いました。ハッフ〜ン♪(←香りを吸い込んだ時に脳内に書き文字で現れる音)

 封印の紙には、去年の仕込みの時にこれからの一年の願いを書いていたわけなんだけど、みんなそれぞれ願いが叶った模様。果たして私も書いたことはドーンと実現しておりますよ。うひゃひゃ。味噌大明神さまのご利益は凄いのでありました。ありがたや〜(笑)拍手

 さぁ、封印を解いて味噌とごたいめ〜ん!! まず封印を解き蓋を取り、上に重しとカビ防止の意味でラップの上に敷き詰めた塩をそ〜っと取り出す。一同、ごくりと唾を飲み込む瞬間。

 「おぉ〜」と一同から声があがる。心配したカビなど微塵も無く、美しく、かぐわしい香りを漂わせる味噌大明神さまがそのご尊顔をこちらにお向けになられました。ヤッハラ〜♪

 中はどうなとまるばちゃんがグルグル、グルグル。中もとってもキレイな色で、立ち上る味噌のかほりに一同、フンガ、フンガとクラクラ、クラクラ。
 お子たちは「舐める〜、舐める〜」と目をキラキラと。私も舐めたいぞ〜!! たまらんちーんぴかぴかぴかぴか

 こうやって手間をかけて時間をかけて、そしておいしいものがいただける。ステキだなぁ。でも、昔はみんなこうやっていたんだよね。今は、お金をだせば欲しい時に欲しいものが手に入る。物を作る苦労や楽しみをちょっと垣間見ることが出来たのはとても幸せなこと。

 ご開帳の儀はお昼にはお開きになったので、家に帰ってさっそくできたて味噌で野菜をバリバリ食べてみたよ〜。ああ、若々しい味噌の味と香りが幸せじゃぁ。半分くらいは、もっと熟成させてから食べようかな。
 あぁ、エントリーを書いているだけで唾が沸いてきたよ。まるばちゃん、ありがとう〜!来年分の仕込みもよろしくお誘いちょんまげっ!!グッド

JUGEMテーマ:グルメ
| 茶 + 食 + ワザ | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
誕生日なので
NEC_0836.jpg
赤福本店でゲットだぜ!!
近鉄沿線で生まれ育ったオイラは、やっぱり赤福なのだよ。

というわけで、誕生日の今日はお伊勢参りに行ってきたよ。寒かったけど天気が良くって良かったなぁ〜。


大阪〜鳥羽〜安乗〜伊勢の旅は、後ほどエントリーするでしよ。
あぁ、楽しかった〜&旨かった。とーちゃん、かーちゃんありがとん!
| 茶 + 食 + ワザ | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
そら豆は、電気羊の夢を見るか。
 つっちぃちゃんに誘われて、NPO法人『日本そら豆の会』のそら豆畑の作業に行って来た。去年の6月に畑で、んまいそら豆をいっぱい頂いたのでそのご恩返しにでもなればと。そして、あわよくば今年の収穫にありつければ、これ幸いと。なんて、ね。

 広い空の下で汗を流すのは、やはりことの他気持ちいいでござる。誘ってくれてありがとう〜!!

 さて、当日は朝8時半に畑に最寄のJR大網駅集合。まだなんとなく薄暗い朝は、超さぶい〜。電車の窓からみえる外に広がる畑や原野は、うっすらと白い粉を吹いた様。霜が降りたり、霜柱が立ったりしている。ところどころ、雪が残っているところもあったり。

 今日は「日本そら豆の会」メンバーのつっちぃとよっしぃも一緒。9月の座間味でお会いした某国営放送の水中カメラマンのSさんも今回は参加ということで、4ヶ月ぶりの再会となりました。さて、一個前のエントリーで書いた場所で右ナナメ前に座っていた人物が、やっぱりSさんだったと判明。いやぁ、そうじゃないかなぁと思いつつもいまいち核心が持てずに結局その時は声をかけなかったんだけど、朝集合場所で会った時に「もしや、こんな服装?」と投げてみたらピンポーン! なんだ〜、やっぱりそうだったんだ。

 メンバーが揃ったところで、車に分乗してお世話になっているK農園へ。駅から車で15分か20分くらいだったかな?千葉県は広いのだ。関東の大事な農業地帯。地平線が見える感じの平野。前に来た時は、6月で新緑が萌える季節だったけど今回は冬枯れまっただなか。地面は、どこも白く凍り付いてて視覚情報から震えがきそう。川も凍ってたもんな〜

Kさんのところで、作業用の器具や資材、軽トラなんかを借りて農作業用のスタイルに着替えて、いざ出陣!!
くつ下用カイロがええ仕事してます。



ここが、今回「日本そら豆の会」がお借りしている畑だそうで。
ドーン!!
畑を作って、種を発芽させて、出た芽を畑に植えて…と幸せの収穫の5月までお世話するのですな。
ちなみに、向うに見える家は実は思いっきり廃墟です。

今回やった作業は大きくわけてこんな感じ。
・剪定
・トンネル用の支柱立て
・支柱に紐を渡して補強
・ビニールかけ
・ビニールが飛ばないように周りに土を盛る

 写真と詳しい解説はこちらにあるので、是非見ておくれ。
1月20日 剪定&トンネル

 殆どの作業が、ずっと中腰でやったりするので…以下略でやいびーたん。
 うひ〜、農業って大変だぁ!!

 2時を回ると急速に気温も下がり始め、雲もだんだん厚くなってきてだんだんみんな無口にモクモクと作業をこなす感じで。まあそんな気分になるのもわからないでもないよね。でも、終わるとみんなの顔には安堵と達成感の混じった笑顔が戻ってくるわけで。

 Sさんと、前日の講座を思い出して「この作業は、ダイバー的にはどこが鍛えられますかねぇ〜」と。答え「うーむ、精神力だな!」「同意!」爆笑!!!!

 朝9時過ぎに始まった作業も、3時半くらいには無事終了。どうやら、年間作業の中でもいち、にを争う大変な作業が今日の作業項目だったようで。無事に作業が終えられてほっと一安心。みなさま、お疲れさまでした〜!!
 これで、寒い冬も乗り切ってすくすくと育ってくれることでしょう。
 戻って、借りたものを洗って戻して、着替えて次の作業の話なんかをして一同解散。帰りは、錦糸町まで車に乗せてもらえました〜。ありがたや〜、感謝、感謝でございます。

 天気予報では、午後から雪が降る、降るってテレビやなんやかんやであれだけ脅されたのに降らなかった。まぁ、こういう時は外れる天気予報がありがたく。ぬは。



画像は、作業の終わった畑。
いやぁ、農業って凄いなぁ…

 この後も成長に合わせて作業がいろいろあるそうなんだけど、できるかぎりお手伝いしたいと思うでありまする。そして、初夏にはあのすてきな緑色にうずもれて酒池肉林ならぬ、酒池豆林といきたいでございます。そのために頑張れる。当たり前じゃないっすか〜。

 えっへっへ〜〜イヒヒ

 つっちぃ、よっしぃを初めとする豆会のみなさま、ありがとうございました。無心になれる農業は、たまにするなら(笑)とっても楽しいね。また、次も誘ってくださいな。

NPO法人 日本そら豆の会

JUGEMテーマ:グルメ
| 茶 + 食 + ワザ | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
春分の日に仕込む
 春分の日は天気も良く、昼から近所の友人宅でお味噌の仕込み体験!
 一人でやると大変なので、みんなでお金を出し合って素材をゲットして味噌を仕込もうという春のイヴェント也。

 女子が4人あつまると、そりゃあ、キャイキャイ、ガハハとかしましい。
 途中で、おはぎを頂いたり、ムットーニのDVDを見てつっこみまくったり、終わってイチゴをかじったり、なかなかにステキな春分の日でございました。

 帰りは、今まで通ったことの無い道をふらふと気の向くまま家の方向へ自転車を走らせる。日が暮れかかって気温は下がってきたけどそれがかえって労働後の頭に気持ち良く、ふふふんと鼻歌がもれる。
 途中、咲き乱れていた沈丁花の香りがうっとりですた。

 作ったお味噌は米麹の味噌なので、一年寝かせるわけで来年の春のお彼岸ごろに解禁でございます。大豆は無農薬の有機栽培、麹もオーガニックフードの店にお願いしたものらしい。大豆1Kg、米麹3Kgに塩が600gぐらい。出来上がると一人1kg分くらいの分け前はありそうです。うほほい。

 さて、この味噌仕込み大会では最後瓶に入れるときに、小分けにしてお団子上にしてそれを瓶に投げつける。空気をなるだけ抜くという意味があるらしいが、この味噌仕込みの会ではお願いごとをするっつうのが、恒例だそうで。
 オイラは「いっぱいダイビングしたい!」「キレイな地球万歳!」「小笠原へ行きた〜い」などと、欲望満開なお願いをしてしまい、はっと気付いて最後に「おいしい、おいしいお味噌になりますように」とお願いしました。

さて、6月に転地返し(一回、かき混ぜる)をします。
楽しみでございます〜♪
| 茶 + 食 + ワザ | 23:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
ストレート100%「旬」
POMジュース「旬」 あぁ、いつの間にか出ていたひめ飲料の「愛媛みかん旬ストレート100%」。みかんジュースの代表POMジュースの期間限定バージョン。
 早い話が、濃縮還元していないPOMジュースなわけで。みかんの収穫が旬のこの時期にしか飲めない正真正銘のストレート果汁のみかんジュース。つまり、季節柄冷たく冷えた皮を剥いて手が冷たくなったり、噛んでスジが歯に挟まったりする面倒とか、食べたあとの皮を片付けたりとかしなくても、みかんがまるごと味わえる、グウタラにも持ってこいの一品だったりする(笑)

 そんなことにも関係なく、このやさしい味がやっぱり最高!旬じゃない時期の濃縮還元のノーマルタイプのPOMジュースも好きだけど、ストレートはやっぱりなんか違うのよね。甘さ、酸味がやさしいっていうか。

 さて、この濃縮還元という製法についてだが…
続きを読む >>
| 茶 + 食 + ワザ | 12:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
発芽させる愉しみ、妄想、快楽(けらく)
これが問題の玄米カレー♪

 最近、玄米が熱い。それも発芽玄米。なんだか知らないが、気が付いたらその魅力に捕まっていた私。あぁ、玄米だー、げんまいだー、なんまいだー、10枚だー。ゲホン、ゲホン。

 いや、その美味しさだとか、効能だとかはいろんな友人たちから聞いて知っていたのですが。マクロビオテックだとか、ダイエットだとか、栄養価だとかなんだかんだ。でも、自分で炊いて食べようとまではしていなかった。それが、最近グググーーっと玄米が私の中で大きくなって捕らえられて離さなくなってしまったのです。

 んんー、きっかけその1は、9月にうちに泊まりにきたベルリンの友人が持ってきた発芽玄米かな?彼女は実家がお米屋さんなんだけど、最近毎日食べてるという発芽玄米を持ってきてくれて、うちで炊いて食べたわけだ。まぁ、その時は持ってきてくれた分が無くなったら終わりだったんだけど、それから暫くして高円寺のHATTIFNATTで食べた玄米カレー(上記画像参照)が大きな引き金になったような気が…。
続きを読む >>
| 茶 + 食 + ワザ | 23:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
緑カレー@Mazic Empire
今日のお昼は、Mazic Empire緑カレー
 カボチャ、ナス、パプリカ、ルーにも野菜たくさんマイルドカレー
 サラダ・付け合せが付いて¥700._ 

 「緑」とあるからといって、マイ・ペンライの国グリーン・カレーとは全く違います。インドというよりもやはり欧州系、いやよくわからないから日本系かしらん?だから、このカレーはあくまでも「みどりカレー」と呼ぶのが正しいでしょう。「みどり"の"カレー」と言うと、カレーらしからぬ緑色を想像してしまうのでこれもNGとしたほうがよろしいかと。

 オーダーする際に、辛さのことを聞いたので調整してくれたのでしょういか?「マイルド」となっておりますが、それなりに辛くて最高!カボチャの甘さとカレーの辛さと塩加減のコンビネーションがたまりません。
 そして、紛れもないターメリックの黄色の中に、うねうねと描かれる謎の緑の液体のスジが鮮やかで美しい。なんでしょう、コレ。青唐辛子のペーストかしらん?ハラペーニョソースみたいなの?
 確認はしておりませんが、美しいです。
 黄色いルーと混ぜて、その美しい翡翠の色が黄土色の海に沈んでいくのを見ると、なんだか”陵辱"という言葉が浮かんできそうな背徳の香りがいたします。目の前の大きな水槽には、銀とほのかな翡翠とかすかな紅色のゆらめきが大変に美しいとても小さなアロワナが優雅に泳いでおり、その途切れることのないひそやかなヒレの動きを見ていると、くらくらと幻惑されてカレーと相まって目と口と両方の感覚器官が発火し、妖しい世界へいざなわれれしまいそうです。(誇大表現を含みます)

 自家製ピクルス(きゅうり、人参、たまねぎ、蕪など)食べ放題もステキでございます。ドリンクにホットコーヒーなど暖かい飲み物が無いのが残念ですが、あっちい9月にOpenしたばかりらしいので、寒くなるこれからに期待したいものです。


Mazic Empire
 http://www.mazicempire.com/curry.php



 なーんて感じに、味に関する表現力の乏しさをカバーしようと人格を微妙に替えてみましたが。アハハハ…orz、今後も精進したいです。
 ことの発端はUSHIZOさんのCURRY DIARY (・x・)というめくるめくカレー世界のBlogで、勤務先の近くのインド・カリーのお店「ムット」の話題をみつけたことでした。
続きを読む >>
| 茶 + 食 + ワザ | 20:08 | comments(2) | trackbacks(2) |
解体しました。
 霜月の文化の日、世間は祝日ムードで中野サンプラザの方からもなにやら歌声が流れてくる。前日の uvAntam.com のインターネットライブでかかっていたCDを磯谷氏が貸してくれたのでそれでも聴いてのんびりね〜なんて、ソファに座って Jacson を聴きながら焙じ茶をすすっていたら、友人から電話があった。めったなことでは電話をしてこない(他の連絡手段があるので)友人なので、「今日は、この後何をされていますか?」という問いに何やら楽しそうな予感がしたわけだが、音楽を聴いてダラダラかしらんと答えると、「さっき、季節のお便りが届きました」ということだった。
 声の感じと時候なんかも鑑みて、そう聞いた途端私の頭にはハッキリと銀色の肢体とオレンジに輝く宝石が浮かび上がったわけで、詳細を聞くまでも無く私の返事は「出刃がお入用ですね?解体ショー開催ですか(一部脚色アリ)」と。 3年前に「出刃包丁を貸して」というところから始まった「秋の海の収穫祭」が今年もやってきたわけだ。
続きを読む >>
| 茶 + 食 + ワザ | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
蓮の花ってお茶になるのね
蓮花茶 ちょっと飲んでみたいお茶を発見。蓮の花をお茶にして飲もうというその名も「蓮花茶」。蓮の花が丸々一個お茶になっている。なんだか想像しただけで、蓮の香りが鼻の奥に微かな記憶として甦っちゃう。アハン♪
 一箱4片で1700円。でも、一片で1.5〜2リットルのお茶が飲めるよう。少量飲む時は、花をカットして淹れればいいらしい。が、せっかくなので大きな器でふわぁ〜と花が開き香りが漂う感じを体験したいね。女子のお友達が何人か来たら、まさに開花祭りなんつってやってみたい。きっとちょっとしたイベント気分よ!問題は、器だな。この花に負けない器ってウチに何かあったかしら?よさげな大きさのは、満開の桜模様だし(笑)

 まだまだ扱っている店が少ないみたいですが、経堂にある「台湾茶藝館 月和茶(ユエフウチャ)#1 #2 #3」ってところがウチからだと近いかな。ここで飲むこともできるのかしらん?

蓮茶には心身のバランスを整える数多くの効能が含まれており、ストレス、疲労解消、新陳代謝、脳出血予防、老化防止、などが挙げられています。
またカフェインを含まない為、就寝前に飲用しても睡眠を妨げることはありません。そればかりか蓮の香りの持つリラックス効果によってより深く穏やかな眠りの世界へ誘われることでしょう。
(上記HPより抜粋)

蓮花楼工房
| 茶 + 食 + ワザ | 16:29 | comments(5) | trackbacks(0) |
1/2 >>